新居 猛/Takeshi Nii/日本 (1920〜2007)



1920年、明治から続く剣道具を製造する家の三代目として生まれる。1957年にはガラス絵の「丈六寺三門額」が特選一席を受賞。しかし当時日本各地で次々と紹介された北欧家具の素晴らしさに触発され組立椅子の製作を始める。その後完成したのが「ニーチェアーX」。新居猛がデザインしたニーチェアシリーズは、1970年にニューヨークの近代美術館『MoMA』の永蔵品に加えられました。

日、米、英、独、仏、伊の6カ国で特許を取得し、製造から30年以上経った現在でも人気は衰えることなく、ロングセラーを続けています。

日本でも『グッドデザイン賞』に3度輝きました。

また、海外に20万脚、国内80万脚という圧倒的な出荷数を数え、日本が誇る名作家具の一つです。



作品は、こちら

http://fusion-furniture.net/?mode=grp&gid=87416
1